彼女が喜ぶ婚約指輪とは?

ダイヤモンドが燦然と輝いている

婚約指輪と言えば、やはりラウンドブリリアントカットを施された大粒のダイヤモンドでしょう。リング全体のデザインはもちろん大事ですが、燦然と輝いているセンターダイヤの存在感や美しさが、婚約指輪全体の価値を決めると言っても過言ではありません。ダイヤモンドの価値は、カラットやクラリティなどの4Cと呼ばれる項目から決定されます。4Cの中で一番知られているのはカラットですよね。大きさと誤解されやすいですが、本来の意味は重さです。カットはダイヤモンドの研磨に関する技術を示しています。このカラットとカットだけを重視するのではなく、ダイヤモンドの中に不純物が少ないほど価値が高まる「クラリティ」や、透明度を示す「カラー」なども含めて吟味しましょう。

細かい点までこだわる

婚約指輪は、視界に入る部分だけがすべてではありません。指輪の内側に隠されている、普段は見えないところにも工夫をすることで、その細やかな心遣いに相手の女性は感動し、さらに愛情を深めるようになります。婚約指輪の裏側に隠れているところは、見方を変えると自分たち二人しかどうなっているか知らない秘密のスペースになっているところと言えますよね。このスペースには、シークレットストーンを入れたり、自由にメッセージを刻印として入れることができます。シークレットストーンや、希少価値が高く、二人の愛を完全なものに高めるという意味も込められているので、婚約指輪にぴったりの宝石です。誕生石や他のカラーダイヤモンドでもいいですね。

プロポーズとは結婚の申し出をすることです。一生に一度のことなので場所とサプライズ演出を大切にしましょう。