婚約指輪の気になる2016年度の平均価格

婚約指輪の平均価格は、時代とともに変わる!?

カップルが結婚を意識すると、多くの男性が女性にプロポーズをします。大好きな彼からのプロポーズは、女性にとって幸せを感じる瞬間です。そして、そのプロポーズの際に重要な役割を果たすのが婚約指輪です。ケースを開けると、中には光り輝く婚約指輪が入っているというシチュエーションは、女性なら誰もが一度は憧れるのではないでしょうか。
そのため、男性の多くは彼女に喜んでもらうために、好みや似合うデザインをリサーチして婚約指輪を選びます。その際、デザインの他に重要になってくるのが価格です。よく「婚約指輪の相場は給料3ヶ月分」という言葉を耳にしますが、実際はどうなのか気になる人も多いでしょう。
結婚情報誌などでリサーチしてみたところ、2016年度の婚約指輪の平均価格は、36万円前後ということが分かりました。時代とともに、婚約指輪の平均価格も変わるようです

デザインやブランド、ダイヤの質などで価格は変わる

婚約指輪の価格を決める要素としては、デザインやブランド、ダイヤの質などが挙げられます。
誰もが知っている有名ブランドの婚約指輪なら、デザインにもよりますが全体的に価格は高くなります。しかし、ジュエリーショップの多くが確かな品質と保証を提示しているので、ブランドだけにこだわらず、その他の要素も考慮した上で決めると良いでしょう。
婚約指輪のデザインで、今も昔も多くの人気を集めるのは、王道のソリティアです。その他にメレダイヤを添えたデザインや、結婚指輪との重ねづけがしやすいエタニティなども人気です。ダイヤの大きさや数で価格が変わるので、予算に合わせて選びましょう。
そして、最後はダイヤの質です。ダイヤの質というと、ダイヤの重さを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。その他にも、研磨の技術や色、透明度などを判断して決められます。このダイヤの質が高いほど、価格も高くなっていきます。

婚約指輪を銀座で選ぶメリットとして、チャペルやレストランなどの設備が豪華であることや、立地が良いこと等があります。